カエルさん。ぱちぱち日記

おいしく活かす知恵。なんでもDIY興味アリ

手作り柿渋で大冒険!夏の終わり木製サンダルのメンテナンス

果実受粉用にスタンバってたけど。もう出番!

f:id:animisum:20160917130750j:plain

いつか自分でボタニカルアートも描いてみたい。なんて夢見ながら、目先で使うのは来年の春。うちの室内ライムさんの果実受粉用かしら?と大事にスタンバってたフデ。

 

いやはや、もう出番がやってくるとは!季節の巡りは面白い。

 

というわけで、、、

ご近所で頂いた小ぶり渋柿6コ

f:id:animisum:20160917130655j:plain

片手で3つ掴めた小ささ。それなのに、柿渋けっこう採れたのよ!フト、柿渋やろうと思ったのは、ベニシアさんのおかげ。録画しておいた先週の番組。やっと見れました!

 


ベニシア エッセイ   ~柿渋の味わい~

 番組の中では、渋柿用のキチンとした品種でやってた。だから、うちのご近所にたまたまあった柿で正解かどうかは定かでない。けれど、いつやるの?今でしょ!笑。みたいな感じで、気づいたらはじめてました@カエルキッチン

 

感覚的にヘタは切り落としてみました

f:id:animisum:20160917130700j:plain

渋柿、カエルもつい味見してみたけど、マズっ!シブっ!まったく美味しくない。うぇ~ぺっぺっ(><)。けど、見た目はカエル好みの色。柿のヘタもなかなかボタニカルアートチックでカタチ美し。と思ったけど、お料理する要領でなんとなくヘタは切り落としました。

 

昔の知恵を都会的な方法で・・・

f:id:animisum:20160917130704j:plain

カエルは、10年以上前から自然派な暮らしに憧れて、日本各地に援農にいって実際のオーガニックプロ農家さんにたくさん出会ってきました。若い頃、沖縄やインドなどへも旅して本土とは違う異文化に触れ、異文化キッチンを垣間見る機会に恵まれました。

 

なんどか旅先で洗濯機のない暮らし、を経験しているけれど、あの脱水ボタンがあるってことがどんなに有難いことか。もともと都会暮らしの体力はあんまりない女なので、作業の中で自分の握力のなさを実感する機会も多かった。

 

子供のときはもっと体が弱くて、体育が苦手で逆上がりも二重跳びもできないまま大人になりました・・・だから絵をかいたり、お話書いたり、お料理したり、昔から好きだったけど(^^)お掃除も好きなんだけどね・・・どうも雑巾しぼりが苦手で・・・

 

それでね、それでね、、、

文明の利器。フードプロセッサー登場!

f:id:animisum:20160917130708j:plain

実はハーブミルも買ったのだけれど、まだ開封できてない。あれも回転馬力が凄そうなのにしたのだけれど、もう長年使ってるこのマシンも本当に重宝してる!

 

まさか、柿渋づくりにまで使わせてもらえることになるとは。でもきっとこのマシンはやってくれる。だって、こないだ茹でたカボチャの皮もなかなかサラサラな冷製スープにしてくれたから。

 

ほんとうにオミゴト!いつもおお助かり

f:id:animisum:20160917130712j:plain

渋柿は、布袋にいれて木の棒なので細かく叩きつぶして、そのあとすり鉢などでさらに細かくおろし、最後は布袋でこす、という方法もあります。昔ながらの王道な取り組み方といえばそっちも楽しいかもしれないね。

 

時短で手間をぬいちゃえ!って人、もしくはカエルのように握力が乏しいひとは、文明の利器を使って、昔ながらの知恵を現代風に生かすテクニックもあるよ!

 

ずんだもちみたいだけど、絶対にたべちゃダメ!笑

f:id:animisum:20160917130728j:plain

これがフードプロセッサーの威力っ!なんと柿の種までもがコッパミジンに(@@)

けっこう長く回しました。ふだんの玉ねぎミジンとかならほんの数秒だけれど、1分くらいは少なくても回してる。でもそれでこんなになっちゃうんだからすごいよね。

 

そして、文明の利器を使えば使うほど、昔の女たちは凄かったんだろうなと思います。体力が。昔、兵庫の知人宅で手作り味噌を作ったときがあるのだけれど、その時もほかほか大豆を砕く作業があったのね。作る量だって多いし、ジョジョに体の使い方が暮らしによって変化していくことは想像できる。

 

握力なくてもこれでバッチリ!

f:id:animisum:20160917130723j:plain

抹茶にみえるけど、ダメ!絶対!(ってひつこいよね、笑)

 

こうして出来た柿渋液は、すぐに塗ることもできるし、数日寝かしてもより色濃くでるそう。カエルはもうぜんぜん待てなかったので、スグに塗りも開始(真夜中に、笑)

 

◆◆◆ビフォワー◆◆◆沖縄木のサンダル

f:id:animisum:20160917130732j:plain

沖縄の楽器、サンシンの中でとても高級なものは、沖縄でしかとれない木材の芯部で楽器のの部分を作ってるものがあるみたい。そして、代々引き継がれている職人さんの手によってキレイにヤスリをかけ磨き、最後はうるしを塗って完成。

 

このサンダル、ミニガーデンで履いてたから随分日焼けしてみすぼらしくなっちゃったけど、なかなか強度のある硬い木で出来ています。こないだ、あまりにも色があせていてショックを受けていてオイルステインでも塗ってメンテしたいなとしばらく考えていたところだったの。そんなところに柿渋情報が☆彡☆彡☆彡

 

<PR>

カンカラ三線(三味線)手作りキットAセット【教本・バチ付き】


 ***こんなのならに柿渋ぬれるかも***

 

◆◆◆アフター◆◆◆沖縄木のサンダル

f:id:animisum:20160917130737j:plain

翌朝の図。一晩でも洗い忘れたフデが硬くなってたから、それなりに固まってるっぽい。せっかくなので、もう一回くらい重ね塗りをしてみようと思ってる。ハナオは、着物地のリメイク。これもこの機会に軽く洗って乾かし中・・・

 

このサンダルは、沖縄本土の北部やんばるにショップがあります。ちゅらみ水族館の近くだよ~マンタが好き。木製サンダルショップ

 

ゲロゲロカエルも柿渋コーティング

f:id:animisum:20160917130745j:plain

いつもお部屋の片隅に守り神のようにただずんでいるゲロゲロさん。つややかさが増しました。小ぶりの青柿だった6粒でも、まだまだおつりがくるくらいに沢山柿渋液が搾れた!だから、この子も2度塗りの対象にされています。って、私がただただ柿渋塗るのが楽しくなっているだけなのです。

 

<追記9/22>2度塗り後の沖縄サンダル

f:id:animisum:20160922215633j:plain

いいかんじです。再びキレイにコーティングできた感じで頼もしいツヤがでています。これでまた来年めぐる暑い季節に活躍してね。

 

***いつか自分のおうちも手作りして、柿渋塗りたいっ***

なんて大きな夢をみてみました。えへへ。

 

それから、もしかしたら今冬、沖縄トラベル再びかもしれません(@v@)こんど旅の行方をタロットで占ってみようかな。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旅って泊まるところでも感じることが違うね。

民泊だったらこんなのも好きです。

オバアに会いに行くっ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


読んでくれてありがとう

 

沖縄のことならカエルさんいっぱいしゃべりたいっ

888.hatenadiary.com

 

ハーバルタロットとボタニカルアートについてあれこれ・・・

888.hatenadiary.com

 

888.hatenadiary.com

 

<スポンサーサイト>