狭い庭でも豊かさがいっぱい。カエルぐらし雑記・・・
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カエルさん。ぱちぱち日記

季節めぐりとハーブ見守り。おいしく活かす。

うちのライムさん。四国からはるばるヤッテきた!

道はつづく。今は白い花を咲かせているところ

f:id:animisum:20160924143507j:plain

ゴールデンウィークの日差しで気持ちよさそうなライムさん。3月中旬の注文からしばし時間が空いていたから、本当に届くのかな?と心配だったけれど、4月中ごろには届いてた。

 

「温かくなったら発送します」とのことだった。うん、確かにグッドタイミングで神奈川に辿りついたライムさんは、興味しんしんのカエルと、カエルの夫に見つめられながら、すぐに白い花を沢山つけた。

 

<PR>

防腐剤・ワックス不使用  愛媛県大三島産 レモン 5kg 

 

 

ライムの花。GWおひさまポカポカ

f:id:animisum:20160904184055j:plain

3年目の苗です。花が咲くということは、実がなるでしょう!果実は2~3年しないと実にならないって学生のとき、江國香織さんの本で知ってからずっと気になっている。いよいよ家にも果実と呼べる植物さんが仲間入り。嬉しいな。

 

 イメージしてから実るまでは数年かかる

 あれよあれよと咲いては散っていったライミーさんの真っ白な花たち。いつもはお家の中においているのですが、たまには日向ぼっこ。キッチンの手動ハンドル付きコンポスト(エコニカエル)もおかげでついでに日向ぼっこ。

 

今年の春は、桜だけじゃなかった!ライムはミカン系の花びら。乾燥を好み、パラパラ落ちる。お掃除はちょっとめんどくさい。今はこうして散ったお花のあとに、かすかにライムの実っぽい赤ちゃんができてる。これがどんな風に膨らんでいくのかが楽しみです。

 

***追記:ザンネン!今年は受粉しっぱいに終わる(><)***

 

次回チャレンジは2017年。楽しみにしてる。

 


ホストハーベストの心配もない

国産のくだものや野菜の人気が高いことの理由の1つに安心というのがあると思う。船などで大量に外国から輸入されるときは、ホストハーベストの問題がちょっと気になったりもする。腐らないため、虫がつかないために、植物の皮に多くの薬品をかける。

 

グレープフルーツなんてとくにかかっているかもしれないね。あんまり頭カチカチになるのも違う気がするけれど、できれば国産のもの、身近で採れたものを食べることができるのが一番豊かな気がします。カンタンなようでカンタンでなくなっちゃった変な世の中。笑

 

ペリエに入れるのもいいね

f:id:animisum:20160523133824j:plain

皮にかかった防腐剤の心配もなければ、くし切りにきったものをボトルの中で漬けておくことで風味のある飲料になるね。

 

コロナのビンに入れてもいいし、ミントでつくるモヒートに加えても豊か!

 

<スポンサーサイト>

 


ぜひまた遊びにきてね

 

<PR>

ZUTTO