狭い庭でも豊かさがいっぱい。カエルぐらし雑記・・・
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カエルさん。ぱちぱち日記

季節めぐりとハーブ見守り。おいしく活かす。

アブラムシの季節がやってくる。ガーデニング愛好者は気をつけて。

気を抜いているとやられてちゃう・・・こわい!

http://www.westatic.com/img/dict/abrms/KUNUGIMITU-AB.jpg

こちらの画像はWebbioよりお借りさせていただきました。

 

こちらのWeb辞書見てると

 

アブラムシ種類って、

 

かなり多いんだな~とゾワゾワしています。

 

 (クヌギミツアブラムシとは - アブラムシ図鑑 Weblio辞書

 

 

アブラムシって嫌い。

 

なんだかね・・・

 

一部の虫愛好者以外は、

 

アブラムシのこと

 

あんまりまじまじとは見たくない

 

知りたくもないと思う人も多いみたい。

 

 

気持ちわるいから

 

なるべく知らないでいたい。

 

でも知っておくことで

 

防げることもあるのかもしれない。

 

カエルさんは、

 

あとで後悔するよりは知っておきたいなぁと思ってるよ。

 

ま、虫ぜんぜん怖くない。

 

むしろ好きな部類の人だからかもしれないけどね。

 

 

温かくなってきて、

 

ふーっと気が抜けたい時期だけど、

 

だからこそ5月後半あたりから、

 

とくに気をつけたいのがアブラムシ~

 

 

きゃーいやぁー!

 

 

アブラムシの大量発生にやられてしまっては、

 

もともこもない。

 

だからこないでー!

 

 

 

せっかくのかわいい花たちが・・・

f:id:animisum:20160919074617j:plain

 アブラムシは怖い。

 

最初の数匹みつけたくらいなら、

 

小さいし大したことないかと思うけど、

 

実はその時点でもう見極めたほうがいいみたい。

 

 

早いうちにその原因を

 

根こそぎとりのぞいてしまうのがコツ。

 

 

アブラムシは幼虫でも成虫でも

 

草花野菜を食べてしまう。

 

茎も葉っぱも花も全部!

 

そして、草花を食べながらアブラムシが残していく

 

甘いベトベトした蜜のようなものに惹かれて

 

こんどはアリが沢山やってきちゃう。

 

 

<追記>

2016年はパクチー全滅・・・(><)

 

 

すす病(=カビ)が怖い

f:id:animisum:20160919075005j:plain

アブラムシが植物を食べながら残してく

 

甘いベトベトの液が植物を多いつくすと、

 

こんどはカビが発生。

 

そうすると「すす病」にかかりやすくなっちゃうんだとか。

 

 

いろいろ関わると面倒くさくなっちゃううぅ・・・

 

アブラムシさん。どうぞお手柔らかに!

 

 

 

原因は光合成がしにくくなってしまうから。

 

上手く光を吸収できなければ、

 

植物はどんどん弱ってしまう。

 

こうなってしまうとなかなか回復が難しいんだとか。

 

 

(泣)マメに剪定してなるべく

 

風通しをよくしてあげたいです。

 

 

チッソ系肥料が原因になることも

 

 

チッソ肥料によって、

 

葉っぱの光合成がさかんになり

 

緑がよく育つのはいいことなんだけど、

 

そうすると生い茂って風通しは気になるかも。

 

それから栄養過多になると

 

光合成でできるアミノ酸も増えすぎて、

 

このアミノ酸が大好きなアブラムシを呼んでしまう

 

という事態も起こることがあるんだって。

 

ダメ、それはダメ!イヤ!

 

 

呼んじゃダメ!

 

 

***あげすぎ注意。だけど栄養もあげて。

 

塩梅はやりながらだね***

 

 

明るいとこが嫌いなアブラムシ。マルチで撃退っ!

 アブラムシは

 

少し薄暗いくらいの場所が好きなよう。

 

だから、銀マルチを引いて

 

葉裏や葉下、茎部分にも

 

反射した光が当たりやすくなるようにする。

 

 

すると、居心地悪いのね~

 

プーンってあっちへ飛んでいっちゃう。

 

いいね~

 

どうぞ、お帰りください~(^^)

 

 

それから面白いのがアブラムシの特徴。

 

彼らは、飛ぶときに背中に光が当たっていることを

 

目安にしている習性があるんだって。

 

 

だから、銀マルチで上からだけでなく

 

下からも光があたるハメになると、

 

上下感覚を失って困っちゃうんだとか。

 

 

困惑したアブラムシたちは、

 

それ、逃げろーって撤退していくことも

 

あるんだって。

 

いいね!撃退シュー!

 

フルーツグラノーラじゃないよ!

小さな庭で勃発する小さな戦い

f:id:animisum:20160523133718j:plain

小さなアブラムシは

 

牛乳の被膜で呼吸ができなくなり

 

死んでしまいます。

 

きゃ~~~それって窒息死ってことぉ!

 

ゴメンネ!

 

 

しばらくしたら植物自体を

 

水やりのついでに洗い流してしまえば、

 

戦いは終わりです。

 

 

狭い庭でも四季を通して

 

いろんなことが繰り広げられているものね。

 

大事なものを守るための

 

プチ争いをさけるわけには

 

いかないわ。

 

 

粒子の細かい霧で、

 

ちっこいアブラムシと戦う。

 

そう、どんなにエコ好き、自然愛好家でも、

 

自然を愛するがゆえ

 

小さな戦いにさいなまれるのです。

 

 

拭き掃除にライム絞り汁でもスッキリ!

f:id:animisum:20160523133824j:plain

 カエルのうちにはライムの木があるけど、

 

まだ実をつけたことがない。

 

どうやら室内だから人口受粉の必要があったみたい。

 

***来年、うまく実をつけたら炭酸水にいれたり、

 

お掃除につかったりしたい***

 

2017年4月<追記>

 

ごめんなさい。ライムさん葉っぱが全部枯れて

 

落ちちゃいました。実をつけるって、カンタンなようで

 

カンタンじゃないのかもしれないね。

 

www.kaeru388.com

 

 カエルさんはコレも好き。

でもフルグラってけっこう高くない?

 

朝ごはんはいつもめっちゃテキトー!

主婦日記ブログへ
にほんブログ村