カエルさん。ぱちぱち日記

おいしく活かす知恵。なんでもDIY興味アリ

田植えの時期。アイガモは逃げないのか?

f:id:animisum:20160606202246j:plain

 近くの農地に次々と水がはられていくな~と眺めていたら、先日から神奈川でも田植えが始まっています。植えられたばかりの苗はまだまだヨワヨワで頼りなさげに見えました。道路の脇を走りながら、この苗たちが少しずつ太くなってしっかりと根付き伸びていく様を見るのが楽しみです。

 

それから、そんな苗たちを眺めていると何となく見つけてしまうのがアイガモたち。用水路でもプカプカ浮いていたりするので、野生なのか?はたまた飼われているものなのかもわかりません。だけれど、最近よく見かけます。トウモロコシの畑から、豊かな実りものぞかせているけれど、ところどころ鳥に食われている。アイガモたちも、田んぼの中のエサを探して口をパクパクしているのをたまに見かけてしまう。

 

アイガモはアヒルとカモを掛け合わせて産まれてきたそうで飛べないのでそんなに遠くにはいけないそうです。好物のエサも身近でとれるなら、その場所から離れないのかもしれないですね。

 

f:id:animisum:20160606202757j:plain

 昔、週末だけ千葉で田んぼの手伝いをしていたときに、その田んぼにはたまに亀もいたし、ザリガニはよく見つけました。里山のようなちょっとした落ち着く山間にある有機農田んぼで、野良仕事あとにいく千葉・茂原のどくとくの黒い温泉がまた贅沢だでした。お肌もツルツルになるし、民家でいただくその地でとれたお米も炊き立ての香りがふわ~っと肌に触れて、ツルツルを加速するみたいに感じました。

 

はじめて田んぼに入る人は、慣れていないと菌だらけの泥土で足中に赤い斑点のぶつぶつが出た人もいた。カエルは花粉症だけれど、土のアレルギーは出なかったから良かった。だけれど、はじめて田んぼに入った日、なぜだか興奮していたのか夕飯の支度のときにカボチャの硬い皮ですべって思い切り出血しました。

 

止血をしながらあまり働けなくなり暇していると、いつのまにか誰かが火を焚いていてなんとなく燃える炎を見ていると痛みが和らいでいくような気分に落ち着いたことを思い出してしまいました。火を見ていると心が落ち着くのは何故だろう?

 

ちょうど田植えの時期だから今くらい。もう何年も前のこと。焚火があったからなのか、止血していたけれどそんなに寒くないし不安もない夜でした。

 

f:id:animisum:20160704212525j:plain

 生活の中に景色があって、だけれど他人の景色の中にも自分の体験が重なってしまって、心がじわっと懐かしくなったりする。じじばばになって体が動けなくなっても、景色を見ただけで、今よりもずっと色んなことが駆け巡るようになっていたら豊かだろうな。

 

仕事でも机の上を散らかさずにクールにできる人もいれば、ぐちゃぐちゃの人もいる。田んぼでも、洋服をあまり汚さずに、翌日の筋肉痛もなくクールにできる人もいれば、カエルのように全身泥だらけになり、翌日はかなり悩まされる人もいる。頭の整理ができている人は段取りや整理整頓も上手なのかもしれない。体幹を鍛えていて場数もこなしている人はぬかるみの中でもキレイに動けるかな。でもなかなか機会がないか。

 

街からは少し離れた暮らしをしている人も、オフィスでカッコいいなと思う人もジャンルがぜんぜん違ってもなんだか一緒にひ弱な苗の先から浮かび上がってきた。20度の温度で100日間を保つことができればお米になれるらしい。カエル家は東北の農家さんから直接お米を買っているのだけれど、ほんとうにいつもとっても美味しい!不器用なのでよく洗うときに米をこぼしてしまうけれど、どうしても全部きっちり拾ってしまう。パンもいいけれど、やっぱりお米がすきです。

 

f:id:animisum:20160905234849j:plain

 数週間前に蒔いた100均ニラの種。1週間くらいで発芽したのだけれど、良かれと思ってすぐに外に出したら日差しの勢いに負けてしまい、それから随分伸び悩んでいました。けっきょく現在生き残ったのはこの1本だけ。だけれど、元気です。

 

いつもお水をあげていたけれど、そうだ米のとぎ汁をたまにあげてもいいかもと思い出しました。同時に蒔いたバジルは失敗に終わりました。保湿には気をつけていたつもりだけれど、日差しが強すぎたのと、土の成分が違ったのかもしれません。また挑戦します。写真手間は先日いただいたビワの種。発芽しないかな。

 

 食べたら種まき

 

アボカドやカボチャでもよく発芽していたけれど、なかなかうまくいかない。アボカドはある段階までは観葉植物のように楽しめるけれど、実をつけようと思うとなかなか上級な感じがする。南米にいくと大きなアボカドの木に出会えるチャンスがあるらしい。いつかいってみたいな。だけれど、日本でアボカドが獲れたら理想的だけれど。

 

もう6月。すっかり部屋ではTシャツになってきていますが、温かくなったといえ今年は雨がすくないようでカエルやアジサイ、畑にとっては油断大敵です。米の苗がどんどん元気に伸びていく姿をイメージしながら6月も楽しく過ごしてみたいものです。

 

あこがれのベニシアさん

 

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村

 

<PR>