狭い庭でも豊かさがいっぱい。カエルぐらし雑記・・・

カエルさん。ぱちぱち日記

季節めぐりとハーブ見守り。おいしく活かす。

いつものことでも感動。雨あがりのハーブたち

昨日はみんな死んでいたのに・・・(!)

f:id:animisum:20160820173631j:plain

 

今朝はあまりの皆の復活に驚いで思わずパシャ。たった一日でここまで元気な姿を見せてもらえると、カエルもこんな風でありたいと思ってしまうのです。ハーブたちよ、ありがとう!

 

昨日はあまりにもおぐったりしていて見ていられなかったけれど、まさかこんな今日になるとは(キラキラ~ン☆彡)

 

頼もしく復活しているミドリたち(^0^)♪

f:id:animisum:20160820173635j:plain

 

同じくシソ科さん。もうバジルよりも昨日はひどかった。というか、ここ一週間この子たちは立ち直れないくらいしおれていた・・・(。-。)

 

それなのに、それなのに、、あれれ?・・・・

 

(^0^)♪♪♪

 

復活していました\(^o^)/

植物っていいな。単純で!

 

プランターでも元気に成長中・・・(^^)♪f:id:animisum:20160820173641j:plain

オクラさんについ求めてしまうのは、カエルの身長よりも背が高くなってほしいということ。そして、ひと苗で180度に実をつけてほしい。(今年中とかじゃないです)

 

カエルが昔お世話になった沖縄の畑で(もちろん水道は近くにないので、水やりはなし雨のみ)あの懐かしの畑のオクラたちはすごかった。大きなひまわりみたいな高さだった。

 

カエルの身長をゆうに追い越して、自分の肩よりも高い場所に腕を伸ばしてオクラを収穫する。あのおじいの畑はピーマンもザクザクに収穫していた。食べきれないから細かく刻んで味噌の佃煮風になってた。(おじいレシピは激ウマ@v@)

 

いいな~あの畑~ 

(あちらとこちらを比較しちゃダメよ~)

 

小さくてもお庭の緑たちがいい感じでいてくれると、大きな夢もつい描いてしまう。

大自然の山の中の畑と、舗装された道路の近くのプランターではそりゃハンデが違うけど、その割には、とってもがんばってくれていると思う。

 

大農場でもプランターでも変わらずに、収穫は早めにしないと固くなって繊維が増えてしまうオクラさん。頃合い大事にもうすぐ収穫します。これで今夏4本目かな。

 

オクラと同じくらいのセニョリータちゃん

f:id:animisum:20160820173645j:plain

雨のあとの緑たちは、潤い豊かで心安心。みていて癒されます~。雨のお陰で、みんな蘇ってきている!ふ~っと肩をなでおろす。

 

だけれど、セニョリータさんはお日様に負けてしまったのか先のほうがややごけたみたいになってしまった。大きくならないのは品種の違いもあるかもしれないけれど、やっぱりスーパーで買ってるげんこつくらいの大きさの肉厚たっぷりパプリカに憧れます。それもカラフルに育ててみたい!次回はきっと!?

 

なんだかんだいって種を残せるパクチー先生。最近フキにも負け気味なのか

f:id:animisum:20160820173649j:plain

 山梨のほったらかし温泉。涼しくなったらいきたいな~。

 それでこれはぜんぜん関係ないけど、カエルがほったらかしにしていたパクチー先生。

 

どうしてもパクチーも沖縄の大自然の中でゆうゆうと咲かせていたあの姿と比べてしまう。強く根をはれている植物は、カンタンには虫にもやられないと色んな農業エキスパートからたまに聞く。(具体的には、兵庫の農家さん&愛知の農家さんです)

 

うちのパクチー先生は、小さな鉢の中でこの環境のわりにとても頑張ってくれたと思う。しかし、がっつり強くなる前にアブラムシの季節がきてしまい、わりとしゅるるっる~~~っとやられていってしまった(泣)

 

一年ごしのセロリさんも、もうずいぶん葉をつけて働いてくれたので、ご隠居コーナーにはちをずらしていて、そのとなりがパクチー先生の場所になっていた。そこは基本天然のフキが自生している場所で、春先のふきのとうの時代からは信じられないくらいの「ふきの森」になっている。

 

そんなやや忘れられたコーナー(セロリ先生、パクチー先生ごめんなさい)にカエルの独断で追いやられてしまっていることにもまったくどうせず、パクチー先生は実をつけていた。

 

もはや「ふきの森」はパクチー先生の鉢の中まで追い寄せていた。(なんどもあく抜きして皮むいて煮物にしたりしたけどフキの消費おいつけず・・・ありがとう。だけれど、さずかに食べあきてしまったよ。)

 

そんな「ふきの森」はもしかしたら、まさかの「灼熱ハーブ死にかけ状態」を救ってくれている面もあるのかもしれないと思った。

 

ほぼ枯れたと判断され、でも10パーセントくらいの確率で蘇るかもと、密かに期待をよせながら、そうはいっても窓際組へ追いやられていたパクチー小集団。「ふきの森」の日陰効果をうまく取り入れながら、なんとか種を実らすことに成功している。やっぱり植物の生命力はすごい!

 

そう。ふきに負け気味。と放置されていたら、いつのまにか逆境も利用していたのだ。

 

***記事を公開するボタンを押すタイミングで、また雨が降ってきたよ!***

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

 

888.hatenadiary.com