狭い庭でも豊かさがいっぱい。カエルぐらし雑記・・・

カエルさん。ぱちぱち日記

季節めぐりとハーブ見守り。おいしく活かす。

孫悟空みたいな世界。沖縄プチ旅でもここには行きたいっ

ガジュマルの木陰はずいぶん広い~!

f:id:animisum:20160904234411j:plain

今日は神奈川のミニガーデンに気づけば毛虫が大発生していて、コモンマローはほとんど彼らのハンモックと化してた。ゼラニウムと寄せ植えしてたのに、蚊よけとしては効果のあるゼラニウムも、毛虫にとっては効力なしみたいです。

 

毛虫たちは、蜘蛛の巣のようなもので大き目のコモンマローの葉っぱを一枚くるり。クーラーの部屋で夜寒いときに、タオルケットで体をくるむような要領でキレイに巻き付け、ガムテープで固定するみたいな要領で、身をまいた葉っぱをふわふわの白い繭のような糸で固定してるぅ。

 

人間からみたら、沖縄北部の大石林山の大きなガジュマルの下にいるような規模感覚だよ。毛虫からみた、カエルのミニガーデンのコモンマローは。

 

まるでサルの神様や仙人が居そうな山


 これはインドのハヌマーンという猿の神様なんだけど、どの国も山とサルは縁があるみたいだね。動物園の猿山はまた違うか・・・。大石林山の入口から入ったときの光景はまるで孫悟空の世界

じじばばにも優しいトレッキングコースもあるよ。南国の深い森、登り坂抜けたトタンに広がる北の海もまた絶景です。沖縄本土の最北端にある、大石林山からは、県境は鹿児島の領内にあるヨロン島が見えます。

 

山の西側から空が開ければ、本土西に浮かぶ伊江島が。伊江島のタッチューも遠くからでも良く見える。青い海と青い空、大きなスケールの樹木や南国の葉っぱの脇からひょいとこんな青が開けるから驚きです。

 

見下ろせば畑と低い森の深い緑が・・・沖縄って那覇だけじゃ全然わからない世界がいっぱい。ダイソーで100円の観葉植物のくわずいもみるとどうも南国の巨大なあの葉っぱにリンクしちゃう。

 

 ~~~~~~~~~~~~

爽快なる大冒険っ

大石林山(沖縄やんばる)

~~~~~~~~~~~~

 

<PR>

いるじゅらさ

 

 

近くの秘境滝。滝までちょっと歩く

f:id:animisum:20160904212516j:plain

 沖縄本土ゆういつの高速を那覇から乗って、まっすぐ一本。終点の許田(きょだ)を降りるときは、天気が雨のことが多い。那覇が晴れていても、高速で小一時強、きょだは山が近いし、左側は道のすぐ横が海だから、ザブーンと波が押し寄せてくる感じのとこを走ってる。

 

スイスイならいいんだけど・・・

 

そこからもう少し小一時間強、レンタカーを飛ばすとこの滝のあたりにたどり着く。大石林山の少し手前。知る人ゾ知る秘境の滝です。

 

最近は近道トンネルもできたし、だいぶ行きやすくなっています。だけれど、やんばるの中は、地図がわかりにくくて迷っちゃう道もあるし、台風のあとなどは崖くずれも多いから気をつけてね。

 

これは那智の滝という多肉(おまけ)

け)

魅惑の滝といえば、那智の滝。(お伊勢さんの近く)かの横尾忠則さんも大好きだった滝コレクション。熊野古道のでっかい杉に癒されたあとは、那智の滝でスーッと下に落ちていく感じがなんとも気持ちがよい。

 

そうして港まち。たしか、足浴ができるところがあって、黄昏時、仕事帰りのバアちゃんと隣でお話ししたなぁ。

 

島ぞうり。ウチナンチューならみんな持ってる!

沖縄ならたぶん10月くらいまで、気が向けば海に入れる。夕方、赤く染まっていくサンセットを見ながら、天然の足浴はいかがでしょう?レンタカーにビーチサンダルを忍ばせておくと便利かもしれないね。

 

ちなみに、島ぞうりに、絵を彫ってくれるお土産も人気です。これがまだ上手に彫れる人たちが沢山いるのです。

 

ヤンバルクイナは飛べません 

 神奈川でも田んぼの稲の穂が垂れてきています。収穫の秋。お米の収穫作業はお米農家さんの一番嬉しいとき。これからくる台風から、どうぞ守られますように。

 

そんな神奈川でもたまに見かけるアイガモさん。春先にプカプカたんぼに浮いててかわいい。あの鳥たちを見てると癒されます。やんばるなら、ぜひとも出会いたいのがヤンバルクイナさん。

 

道が空いてて飛ばせるドライブで、海と空をかけぬいていたらフト、ぜんぜん違うスローな速さで車道を横切るあのトリ。どうか、どんくさいけれどひかないでね。早朝などがお目にかかれるチャンスが多い気がします。

 

888.hatenadiary.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村

 

<PR>

アルガンオイル