カエルさん。ぱちぱち日記

おいしく活かす知恵。なんでもDIY興味アリ

8は横に倒すと永遠のマーク。とうがらしのタロットカード

赤い帽子は、横に倒した8を意味してるんだって

f:id:animisum:20160928192133j:plain

数字の8には、特別の思い入れがある。横に倒すと永遠のマークなところも好き。このブログのドメインは888.hatenaにしてる。八百万の神(やおよろずのかみ)も、百万でもよかったのに、何故か最初に8がついてる。

 

関数字の八は末広がりで縁起がいいともよく聞くよね。88歳のお誕生日は米寿(べいじゅ)。八十八を組みなおすと米という字になる。日本人にとって大事なお米という漢字になるんだね。

 

それでタロットでは8番は力のカードを表してる。象徴ボタニカルは唐辛子。

 

ピリリと辛い唐辛子。この唄お気に入り@ブータン


エマ(とうがらし) 青谷明日香

 

ドレミファソラシドの音階も、8でオクターブ上がる。この曲は作って歌っている青谷明日香さんは青森出身のシンガーソングライター。ピアノがすごく上手で、オリジナル曲もたくさん。カエルはちょっとファンで六本木のライブにいったことがある。

 

かわいい唄やうつくし唄に心地よく身をゆだねているときもあれば、ときにお腹を抱えて笑っちゃう曲もあるところが好き。ピリリと辛いパンチもこんな風にマイルドに包んでくれると楽しくなる。辛いのはお好きですか??

 

冷え性な季節にカプサイシンが大活躍

f:id:animisum:20160928192133j:plain

リンパの流れが滞るとむくみがち。冷え性もそんな淀みからくるものなのかもしれないね。ハーバルタロットの中では、カイエンペッパー(とうがらしのスパイス)を使用することを火のエレメントを使うと考えているみたい。

 

火のエレメントは刺激的。ゴーっと巻き上がる燃える炎の力で、滞りや障害、恐れなど詰まっている心の要素も動かしちゃう。

 

前の7番のカードとも意味あいが似ている。7番の戦車カードも、己の内側にあるものを磨くことでより具体的にもうまく立ち振る舞えるようになるといったテーマがあった。

 

8番の力カードもその延長で、己の内側にある滞り(ネガティブな要素、怒りや嫉妬などの感情も)を解いて磨く。ときには忍耐も。そうすることによって自分の力をさらに強めていく。そんな意味があるカードなんだとか。

 

唐辛子。パンチが利いてるのは味だけじゃない?

辛い物を食べるとカーって目頭が熱くなる。たしかに、小さいことでくよくよしたりしてても、辛いラーメンで吹き飛ばしちゃえ~みたいな感覚もあるかもしれない。沖縄のソーキそばにも、島とうがらしをたくさん入れる人がいる。熱くでぼんやりしてしまう気持ちをさらに、唐辛子の暑さで吹き飛ばそう、という魂胆なのかもしれない。

 

余談だけど、沖縄の人は、地元の方言でウマい。みたいな超の表現をシニという。シニウマいって。 

 

同じ死神でもハーバルタロットのはソフトかも

f:id:animisum:20160928203056j:plain

このカードは13番だから、ちょっと順番飛ばしだけれど、生まれ変わるという意味を持ってるカードなのね。

 

怖い夢でハッと起きたとき、人が死ぬ夢とか見てたとしても、意外と夢辞典の紐をほどくとむしろ幸運のきざしだったりもする。13番のつづきはまた今度に。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
読んでくれてありがとう

 

888.hatenadiary.com

 

888.hatenadiary.com

 

夏の終わりから秋にかけて現れた子

888.hatenadiary.com

 


是非また来てね