カエルさん。ぱちぱち日記

おいしく活かす知恵。なんでもDIY興味アリ

ゴーヤ追肥に【油かす】そもそも何なの?

今年第一号を賞味

f:id:animisum:20170702201836j:plain

 

最初はやっぱり

 

チャンプル。

 

ツナ缶はちょっとたっぷり目の

ものを使うと美味しい。

(ちょっと そそられる

 

コストコ 大容量ツナ缶)

 

 

薄く切ったゴーヤは

 

軽く塩をまぶしておくと

 

苦味が少なくできる。

 

 

今回は、卵もたっぷりめに

 

使いました。

 

 

暑くなってきた季節に

 

力をつけたい

 

7月らしい一品。

 

 

さて。

 

 

最初の1本目を収穫したゴーヤ。

f:id:animisum:20170702201835j:plain

 

すでに第2本目。3本目と

 

まだ小さい子たちも、

 

 

収穫へ向けて

 

少しずつ長く太く成長してきてる。

 

 

 

緑のカーテンも随分伸びてきた。

 

今、先頭のつる先は

 

筆者の身長を追い越したとこ。

 

 

 

この先頭の高さをキープしながら

 

8月に向けて

 

 

横長にも

 

窓スペースを

 

まんべんなく

 

埋めてくれるかな?

 

 

 

楽しみに

 

カーテンの内側から

 

いつも見てるよ!

 

 

 

ちょうどムンムン暑い時期に

 

窓を覆ってくれるゴーヤちゃん。

 

うまく伸びてくれたら

 

助かるね。

 

 

ゴーヤ苗を上手く育てるなら

 

植えるのはGWあけ

 

5月10日ごろがいいみたい。

 

 

今年はちょうど

 

そのタイミングに乗れたから

 

よかったな。

 

 

そうして頼もしく実を

 

つけはじめている7月頭。

 

 

だけれど、

 

プランター下のほうの

 

葉っぱが黄色くなってきちゃった。

 

 

 

2週間前くらいに一度

 

液肥をしたのだけれど、

 

肥料、足りないのかな?

 

f:id:animisum:20160916140332p:plain

 

ゆっくり効く

 

有機肥料を

 

 

土に仕込んでおくと

 

こういう葉っぱの黄色現象は

 

ないのかもしれない。

 

 

これは2018年の

 

ゴーヤ土づくりの課題。

 

 

 

調べてみると

 

この時期からの

 

ゴーヤの追肥は

 

化学肥料と油かすって

 

よく出てくる。

 

 

 

けど、

 

そもそも

 

油かすってなんなんだろう?

f:id:animisum:20170628110415j:plain

 

最近、畑のとれたてインゲンを

 

天ぷらにしたりして

 

楽しんでるけど、

 

 

たとえば、この天ぷらのこり油

 

堆肥の油かすの代用に

 

できたりはしないのかな?

 

 

そんなことを

 

思ったよ。

 

 

んで、

 

この答えは

 

NGだね。

 

 

そもそも油かす、って

 

植物から油を抽出したあとの残りかす

 

って意味なんだね。

 

 

 

だから、

 

油かすというよりは、

 

植物カスって

 

ニュアンスなのかも。

 

 

 

んで、

 

この植物カスは

 

粉末の状態にして

 

使える肥料のものと、

 

 

骨の粉などと混ぜて

 

固形にした肥料のものと

 

2種類あるみたい。

 

 

 

よく油かすっていうと、

 

固形のお団子のようなものが

 

 

プランターのはじっこのほうに

 

コロンと忍ばせてあるの

 

みたことある。

 

 

粉状の油かすだと、

 

この植物カスに

 

わずかに含まれてる油部分で

 

 

土の上に

 

膜のようなもの

 

を作ってしまい

 

 

土が

 

呼吸を

 

しにくくなってしまうことが

 

あるみたい。

 

 

 

だから、固形の油かすを

 

根っこに近すぎない場所に

 

置いて、すこしつづ栄養が

 

行き渡っていくように

 

してる人が多いみたい。

 

固形の油かすってこんなの

 

また、

 

油かすに含まれる成分によって

 

土の中で発酵が起こった場合に

 

 

根っこの近くが

 

発酵で温度が高くなりすぎると

 

 

根っこが暑くで

 

イヤになっちゃうから、

 

 

そういう意味でも

 

ちょっと間をあけた場所に

 

 

堆肥を忍ばせるみたいだね。

 

 

カエルさんのように

 

初心者には

 

固形肥料

 

を選んだほうが良さそうだね。

 

 

 

ちなみに、

 

キッチンに

 

天ぷらの残り油があったら

 

米ぬかに混ぜて

 

発酵させて

 

手作り堆肥する方法も

 

あるみたい。

 

 

けど、

 

これは実際には

 

市販の油かすとは

 

成分違うものだけどね。

 

 

だた堆肥としては

 

これも使えるみたいだね。

 

 

 

正規の

 

油かすとは

 

そもそも全く違うものであるとは

 

思うけれど、

 

 

確かに植物カスの中にも

 

わずかでも油が含まれてもいるので、

 

 

そういう意味では

 

少しは貢献するものなのかな。

 

 

けど、天ぷらの残り油だけだと

 

ちょっと油の割合が多すぎて

 

よくなさそうとも感じる。

 

 

だけれど、

 

米ぬかをまぜて

 

発酵させるって考え方だから

 

バランスがいい堆肥に

 

なるのかもしれないね。

 

 

 

冬場は玄米を食べているけれど

 

夏はさっぱりとお米を食べたいので

 

白米に精米しにいってる。

 

 

このとき、ちゃんと米ぬかも

 

もらってこよう!と

 

意識していれば

 

米ぬかタダで

 

ももらってこれるよね。

 

 

大体、精米機に

 

ビニールとかセットしておいて

 

米ぬかもゲットだね。

 

 

またはご近所さんに相談して

 

もらってみたりね。

 

 

冬場なんかは

 

米ぬかでホットカイロを作れるよって

 

ご近所さんがわけてくれたり

 

したのだけれどね。

 

 

さて。

 

米ぬかをゲットできたら、

 

そこに天ぷら油の残りを注入。

 

そのまま屋外で発酵させると

 

じきに手作り油かすになるみたい。

 

 

だけれど、

 

夏の天ぷら油は

 

虫などが発生してしまうことも

 

あるから、気をつけなきゃね。

 

 

あ、

 

これは市販の油かすでも

 

同じだから

 

気をつけなきゃ。

 

それから

 

わざわざ米ぬかを用意しなくても

 

 

うちのように

 

コンポストをやってる人なら

 

 

生ゴミコンポストに

 

てんぷら油も

 

いれちゃうという手も

 

あるみたい。

 

 

有機堆肥は

 

ゆっくり

 

作られていくのかね。

 

 

あーん。

 

けど、

 

いつものように

 

害虫の発生が

 

怖いです。

 

 

 

夏は虫たちも

 

目がらんらんしてる感じがします。

 

さいきんちょっと

 

バテぎみ。

 

 

けど、

 

こんなときだからこそ

 

イメージを浮かべることを

 

大事にしていたい。

 

 

 

いつか堆肥を作れるスペースが

 

増えたら、

 

腐葉土も自分で

 

作ってみたいな。

 

 

なんでも自分で作ってみたい。

 

カエルさんは、

 

原点回帰が好きなのね。

 

 

 

さて。

 

いろいろ調べて

 

考えてみたのだけれどね、

 

 

結局のところ、

 

それじゃあ、今目先の

 

葉っぱが黄色くなったゴーヤちゃん

 

どう追肥する?

 

 

という問いに関しては、

 

 

今回もまた

 

まずは、液肥で対応する

 

ということにしました。

 

 

理由は、

 

今はまだプランター菜園なので、

 

プランターのような狭い土スペースの中で

 

バランスよく栄養を浸透してもらうには

 

液肥が最適なのかもしれないな?と

 

感じたから。

 

 

それから油かすだと、

 

この時期ちょっと匂いの問題や

 

虫の発生も気になるから。

 

 

だけれど、

 

入手できるタイミングがあったら

 

まずは市販の油かすから

 

挑戦してみようと

 

計画しています。

 

 

油かす(油粕)

 

 

なんでも

 

実際に触れて

 

使ってみないと

 

わからない。

 

 

それから身銭を切ることで

 

(ケチなので、笑)

 

 

自分の気質上

 

学びが増えることが

 

多い気がしてます。

 

 

 

このペースで

 

このささやかなプランターから

 

 

ゴーヤが10本くらい収穫できれば

 

十分に設備投資分をペイするのも

 

できるなと思う。

 

 

なにより収穫したその日に

 

食卓に並ぶ、

 

それも自家製というコトが

 

誇れるポイント。

 

 

筆者(カエルさん)にとっては

 

このことが他と比較することが

 

できない喜びと思ってます。

 

 

いつも体験させて

 

もらってるミニガーデンちゃんに感謝!

 

 

小さな規模でも

 

毎年

 

季節を重ねるたびに

 

実りの増える

 

ガーデンに

 

成長できますように!

 

 

主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

いんげんの天ぷらと

冷え冷えビール。

 

サイコーの組み合わせだけれど

揚げ物+ビールは太るにもサイコーの

組み合わせだねぇ~

 

けど、たまにはいいわーん。


人気ブログランキング