カエルさん。ぱちぱち日記

おいしく活かす知恵。なんでもDIY興味アリ

商売繁盛にはニワトリがいいってなんで?酉の漢字の意味とは?

クリスマスには何たべようかね~?やっぱチキンかなぁ

 

昨日も書いてたけどね、実は前月29日に

 

「やったぁ~ケンタッキーが安く食べれるぅ~」

 

とはしゃいで駆け込んだらね、

 

【ケンタッキーの酉の日は28日です】

 

とポスターがどーんと貼ってあったの。

 

がーん。昨日だったのね・・・

 

 

 

というわけで、クリスマス付近にもまたケンタッキーに挑戦したいと思っているのだけれど、先月は安くなる日にちを間違えちゃったカエルです。そんな日もあるケロ。

 

それでね、来年は商売繁盛にはニワトリがいいんだって2017年!?

今年が猿だったでしょ。

 

猿わね、悪いことがサル。病気がサル。そんな厄除け的な意味あいを持っていた十二支サルだったのね。

 

それから猿ってけっこう手先が器用なのね、そんなことからなのか、臨機応変にも対応できる年でしょう。って考え方も猿の十二支にはあったみたい。

 

カエルさんはたまに雑字とかあるし、けっして器用とはいえないけれど、今年は臨機応変にできたかも!だって、その日その日に浮かんでは、今までは消えていったような気持ちも、いろんな好きなテーマにあわせてこのブログで書けていけたから。

 

読みに遊びに来てくれる人たちのおかげだケロ!いつも励みになっています。

そんな気持ちで、たしかに今年は猿年的だったのかも!と今思ったぁ!

 

さて。それでは来年の酉年ってどうなの?

っぅか、そもそもなんで酉年って書くの?

 

鳥じゃないの?って思ったカエルさんです。

 

この酉は同じようにトリと呼ぶけれど、鳥のなかでもニワトリのことを意味しているんだょう?知っていたかい?ケロックコーンフレーク。

 

 

忘年会は千ドリ足注意!

 

この酉。なんだか似ている漢字があるよね・・・

 

え?

 

 

はっ?

 

 

酒!

 

そうです。酒です。

 

酒壺にはいった果実が極限にまで熟した状態。つまり、一番美味しくなって飲み頃になる時期、そんな時期が酉という漢字の本来の意味なんだとか。

 

ああ、そうか、それに液体を表すサンズイがついて酒ってことなのかな。

 

そりちゃ酒にのまれちゃ、もともこもないけれど、お酒って縁起がいいものとして扱われることも確かにあるような気がするね。お歳暮でもその品の1つになっているよね。

 

お酒を飲んで、商売繁盛のゲン担ぎとかね。

 

 

商売繁盛の年になったらいいな、2017年!

熟していて一番飲み頃なお酒って、どんなものがあるんだろうね。

 

たとえばワインとかだと、むしろ年代モノに価値がいったりすることもあるけどね。

 

お酒じゃないけど、カエルキッチンでは去年茹でた大豆から味噌を作ってみた。

 

食べごろになる時期ってのはあるんだと思うのね。待ちきれなくて春先にタッパーあけだけど、まだ茶色になってなかった。最近はもう茶色のお味噌になってきてるから、そろそろいいのかもしれないね。

 

なんても新しければいいということだけでなく、

 

例えばお酒みたいに、その価値が一番深まる状態になるまでには時間がかかるということって沢山あるんだろうね。

 

急がずに、でも諦めずに、熟すまで続けてみる。そんなことも大事なのかもしれないね。

 

酉年がそんな年になったらいいなぁ~

 

ちなみに、2018年ってどうなの?

2018年は戌年。これも鳥が酉って書くみたいに、犬が戌って書くね。

 

この戌の字は、植物が明るく元気にメキメキ育っているイメージの茂という漢字からきているんだって。

 

ほら、茂の草かんむりをとったら、戌に似てるでしょ?だから、沢山育っている部分から、よりよいものが育ち残るだめに剪定してすっきりした状態のこと意味しているんだって。

 

そんな考え方として、勤勉努力、律儀なんて意味があると考えられるのが戌年。たくさん繁盛したら、整えてさらに伸ばしていけるように磨く。そんな十二支の流れになっているのかもしれないね。

 

ささいな生活、ささいな生き様の中でも、そんな小さな巡りがやってきますように。

 

www.kaeru388.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
2017年もよき年に