狭い庭でも豊かさがいっぱい。カエルぐらし雑記・・・
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カエルさん。ぱちぱち日記

季節めぐりとハーブ見守り。おいしく活かす。

ドライジンジャーの術。作っておくと、これからの季節重宝するよ!

f:id:animisum:20161011124734j:plain

はい、これがドライジンジャーのボトル

f:id:animisum:20161011121537j:plain

今年の春に作ったけれど、熱い夏も余裕で乗り越えた手作りキッチンドライハーブ。

 

ジンジャーはもちろん冷凍保存も便利だけれど、それよりもより冷え性に効果的なのがドライジンジャー。

 

生姜は、字のごとく生しょうがと、乾燥した乾しょうがの2種類の摂取方法がある。実は漢方などでもこの乾しょうがのほうが体を温める効果があると言われていて、利用されてる。だから、うちでも作ってみてる。

 

作り方は、生しょうがを厚さ2~3mmくらいに薄くスライスしてかごにのせて陰干し。一週間くらいでパリパリに乾いてからハーブミルサーで粉々に砕く。海苔の中や、お菓子の中などに入ってる乾燥材をビンにいれて蓋をしたら、はい、もう次回の出番までスタンバイ!

 

最近ではドライハーブの保存時の乾燥材にもなるし、かつとりわけスプーンとしても機能するこんな商品も。参考までに。

んで、今日はアップルパイにもサッと散らしとく

f:id:animisum:20161011121556j:plain

ふじりんごが半額で大量に売ってたから、即席りんごジャムを作った。ヨーグルトにいれたり、薄目ホットケーキチックに散らして食べたり楽しんで、残りは全部パイに詰めちゃう。

 

こんなときもドライジンジャーパウダーが便利。冷凍庫から出して刻む手間もなく、塩・こしょう感覚でただつまんでパラパラするだけだよ。

 

今回はパイの包み方も新しく開発してみたけど、それは長くなっちゃうので明日の日記にしちゃいます。

 

生よりは保存効くからなんでもジャムにする癖

f:id:animisum:20161011124734j:plain

田舎にいったら、みかんとか、りんごとかわんさか採れちゃって困っちゃってジャムにします、みたいな人にたぶんどこか憧れがあるのだと思う。

 

ああ、食べきれないわ~みたいな!実際にその現場にいる人にとっては、ああ、もうこんなにあっても困るわ~みたいな人もいると思うから、この距離感だからいいのかもしれないけれど。

 

でもそれで大根を切干にする知恵ができたり、梅干しや菜っ葉の漬物ができたり、最近では乾燥させると甘味が増すドライトマトなんかも流行っていたよね。

 

そんな畑の知恵にあこがれるべき、半額の大量りんごに追われながらも、どこかしらプチ幸せ感を味わっていたカエルさんでした。

 

それではチン!アツアツで食べてね。

 

888.hatenadiary.com

 

888.hatenadiary.com

 

主婦日記ブログへ
今日もありがとう