カエルさん。ぱちぱち日記

おいしく活かす知恵。なんでもDIY興味アリ

教えてコールセンター。ねぇ、ネットが恐ろしく遅いの

ポッケ。ポッケ。パピプペポッケ~

おやつ好き、お昼寝好き、カエルさんは??? 

もっと好き。チュ!(えっ!)

 

f:id:animisum:20160930184624p:plain

 

 

こんなときもあるよね。

 

うまくいかないときこそ

 

前向きによね。

 

けど、鼻歌しても

 

どこか虚しい風が吹いてる。

 

はぁーん。焼きそば食べたい。

f:id:animisum:20171121122540j:plain

 

ふー

 

 

はい、大きく息を吸い込んで、

 

もう一度ふかーーーぁく吐き出します。

 

 

 

ふぅーーー ーーー ーーー

 

 

 

(はい。よくできました!)

 

 

 

というわけで

【本題】恐ろしく遅いインターネット

どうする?プリーズヘルプミー

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

(自宅電話も繋がらなくなっちゃった

 

携帯から0120じゃないとこにかけてる)

 

 

(どこに電話したらいいかもよくわからなかった)

 

 

(プロバイダーにかけるのか?N●Tにかけるのか?はて?)

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

(なかなか出ないし

 

契約資料とかをひっぱり出して、

 

ぼんやり眺めてる。

 

日本語なのにもはや呪文に

 

みえるのは何故?

 

プロバイダーと

 

N○Tの違いがよくわからない・・・)

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・ 

 

ツゥルルルル・・・

 

「はい。ビッグ●ーブです。 」

 

(ハッ!不覚にも、もう出たっ・・・あ、なんだっけ・・・)

 

 

 

「ああっ、あの、おとといからインターネットに繋がらなくなってしまって困ってます」

 

「さようでございますか、それではご契約者様のユーザーID、もしくはご契約の電話番号をお伝えねがえますか???」

 

「はい、ピ・ポ・パ・プ・ペです~」(ボカシています)

 

「はい、確認が取れました。それではご契約者さまのお名前とご住所と・・・」

 

(あー何かを教えてもらうためには、私も何かをいろいろ教えなきゃならないのねぇ・・・めんどくせぇ・・・)

 

「はい、名前はカエル(ウソ)で、住所は井戸(ウソ)デスっ!」

 

「はい、ありがとうございます。確認が取れました」(ボカシています)

 

 

「それでは、お客様のお使いのルーターはどのようになりますか?」

 

 

「ええと、黒色で四角くて・・・ええと・・・型番はピピピプププ デス」(ボカシています)

 

 

「かしこまりました。それですと、こちらのコールセンターではなく、N●Tさんに直接ご連絡いただきたいのですが、メモの用意はよろしいでしょうか?連絡先番号はピ・ポ・パです。」(実際はもう少し丁寧に言葉を選んで話してくれています)

 

はぁ~でましたぁ。よくあるよくある【たらい回し系】じゃねぇ、コレ。と内心黒々したものを腹にためつつ、ポーカーフェイスで答えます)

 

 

「そうなんですね・・・わかりました。それではかけてみます。」

 

 

 【本題】その2(2つめの電話先)

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

(もう、この待ってる時間がちょっとイヤン~)

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

(途中から、待ち時間中

 

に流れるコンピューターっぽい女性の声の

 

インフォメーション

 

夜なのにホテルの朝食モーニングのような

 

爽やか音楽が流れています)

  

 

「カチャ。はい、N●Tです」(きゃぁーもう出た!)

 

「うぁーっ、あの、一昨日からインターネットが急に遅くなってしまっていて困っています。」

 

 

「それはお困りですね」(←なんだかこう言ってもらえるだけで胸キュン)

 

「そうなんです、困っていまして・・・(←キュンキュンしながら。)」

 

 

「それでは、ご確認のためにまずはお客様IDをお伝え願えますか?」(←一気に業務的になりシュン。)

 

「はい。ピピピプププです」(ボカシています)

 

「はい、確認がとれました。それでは、ご契約者さまのお名前とご住所を・・・」

(うぁ~めんどうせぇ、また言わなきゃいけないのかぁ・・・)

 

「はい、名前はカエル、住所は井戸です(ウソ)」

 

「はい、確認がとれました(ウソ)。それではお調べしたところ、こちらでは対応できませんので、N●Tの故障センター、もしくはプロバイダーさんにご連絡願います。番号をお伝えします、メモの準備は・・・」

 

(完全に【たらい回し系・・・】ガーン。)ほんとに?これは辛いよね。

 

「実は先程プロバイダーさんに電話したのですが、こちらにかけてくらさいと言われました」

 

「さようでございますね、申し訳ございません。」

 

 

チーン。

 

 

 

【本題】その3(3度目の電話でやっと解決したの巻!)☆☆☆

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

そしてまた朝食バイキング音楽を

 

聞いている状態。

 

そうすると、単純なので

 

だんだん優雅な気分になってきます。

 

(音声案内で、問い合わせ内容のボタンをピ・ポ・パ)

 

はぁーん。

 

朝食バイキングでは

 

トーストにたあっぷりの

 

バターをつけちゃおうかしら?

 

コールセンターにつながるまでは、

 

昨日まではさんざんだったわ。

 

でもこれでまたネットが復旧して、

 

またいろんな夢をブログに書きまくって、

 

それから、それから、あ、いや~ん。

 

どうしましょう!早く書きたい~

 

あと、シティホテルにも行きたい~

 

といろんな夢を膨らませながら時間つぶし。

 

  

「はい、Ñ●T故障センターです。」(→故障してたの?え!)

 

 

 

「お世話になります。実は3日前からネットにつながりにくくなってしまって、以下チャラチャラ~略~」

「さようでございましたか、申し訳ございません、それではお客様IDを、以下略」

「はい、IDは、以下略」

「ありがとうございます、確認が取れました。それではルーターのランプの確認をいたします。カエル様のルーターのランプは点灯しておりますでしょうか?」

「一番上のランプは点灯しておりますでしょうか?」

 

という感じでいくつかのランプ点灯について丁寧に確認してもらう。その結果・・・

 

「お調べいたします。じっくりお調べいたしますので若干お時間頂いてしまいます。10~15分ほどで、掛け直しますので電話番号を、以下略」

「はい、番号はピ・ポ・パです。」カチャン。

 

 

(はぁ。やっと、コールセンターにかけたら想像していた対応をしてもらえたわ)

(あとは待っていればいいので、ひとまずよかった)

 

 

 

というわけでちょっとブレイクタイム。

f:id:animisum:20171119215452j:plain

今日、夕飯どうしょう。

 

あ、焼きそばかしら?(焼きそば好き)

 

は、じゃぁキノコ買わなきゃ。

 

へ?マリオなの?

 

 

  

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

 

ツゥルルルル・・・

 

(きっ、きたぁー)

 

「はい。カエルです。」

 

 

「カエルさんのケイタイでしょうか?ワタクシN●Tのキノコです(ウソ)」

 

「先ほどの件、回線を確認してみましたところ、やはりモデム(ルーター)から電線の間の通信に確認が取れておりません。」

 

「そうですか。」

 

「そのため、別の心あたりを確認してみたいと思います。まずですね、一度ルーターの黒い四角いBOXの裏側を見てみると電源アダプターが挿してあると思います。これをですね、一度抜いてもらってもいいですか?」

 

(え?マジ?)と思ったのは実は昨日。すでにスマホからネットで調べて実験済だったのでした。しかし、独学は怪しいので、素直に再度したがってみます。

 

「はい、電源を抜き挿ししてみました。」

 

「そうすると、電源ランプが初期状態のいつもとは違う色で点灯していました。しかし、数秒でまた普段のランプの色に戻りました。」

 

しかし、それでもネットはつながりません。

 

「ためしに、自宅電話のほうもかけてみます。」

 

「はい。」

 

シーン。

 

「あ、やっぱり駄目ですねぇ。」

「そうみたいですねぇ。」

 

「では、こんとはモデム裏の電源アダプタの下にある白いコードの突起を少し押してもらえますか?今一度深く挿し込むというニュアンスです」

 

「はい、やってみましたが、すでに差し込まれているのでとくに変化がないです」

 

「そうですか、、、それではまた回線の方をお調べしてみますので少々お待ちいただけますか」

 

「はい、」

 

(うーん。もしかしたらこないだお客さんがきて慌てて掃除したときに、たしかにあの回線のあたりを素早く床ふきしたけれど、そのときに、カエルなにか粗相でもしていたかしら?ちょっと見てみましょう。)

 

(うーん。ただ床がきれいに磨かれているだけで、ホコリもないし、コードもちゃんとささっているわよねぇ・・・)

 

(うーん。どうしてなのかしら?最近お隣さんとかが同じ無線LANを使うようになっちゃったから、電波が半分になっちゃったとかぁ・・・えー!でもそれはちゃんとパスワードとかの設定をうちだけでしているはずだし、そんなことはなさそうよねぇ・・・)

 

(なんでかしら・・・・)

 

(なんでかしら・・・・)と考えながら、だんだんもう一度モデムの方に近づいていく。

 

(そうね、この白いコードの突起部分を押し込むのね。こんなのとっくに前からちゃんとささっているしねぇ・・・)そして、もう一度触る、なんとなく軽く押してみる。

 

 

カチッ。

 

 

 

え?

 

 

 

 

お!

 

 

 

お・お・お!

 

 

この感覚はもしや・・・・

 

 

というわけで、すかさずパソコン画面をクリック。すると・・・

f:id:animisum:20161118132621j:plain

 

 

あっ!いつもの画面に戻れた。

 

帰ってこれたどーーー! やったぁーーー!

 

ありがとうキノコさん!(注:仮名です)

 

ということで受話器(すでにスピーカー設定になっている)の方向へ

「キノコさん。あの、今ネットが繋がったようです、先程教えていただいたルーター後ろの突起物をもう少し差し込んだらカチッと小さな音がして、それでまた使えるようになったようです」

 

「あ、そうでしたか。それでは確認のために電話もかけてみましょう」←これも無事完了!

 

「それでは、またネットが繋がらなくてお困りのことがあったときはこちらにお電話くださいね」

 

「はい、どうもお世話になりました。ありがとうございます」

 

ということで無事、ここへ帰ってこれました。

 

そうすると、なんてことないけれど、やっぱり書けること、

ぱちぱち検索もできることに。

 

こういう当たり前のことが、当たり前じゃなくなって、また当たり前になると、

なんだかジーンとする。当たり前のことなのにね。

 

たとえば、お天気がよくて、

洗濯物が気持ちよさそうに揺れていたりするだけで

感動しちゃう気分(←なんだそれ!?) 

 

なんだかね。いってしまえば

人生トラブルの連続体なんだけれど、笑

 

ま、でもできるだけトラブル少なく生きたいです。

 

もっと丁寧に、大事に生きていくためには

メカのことも

嫌がらずに学んでいこうと

思い始めています。

 

 パソコンやネット

メカのことは

いつも初心者気分。


人気ブログランキング

 

でもこれからは

主婦もメカに

詳しくなってもいいと

思ってる。

にほんブログ村 主婦日記ブログ お茶目主婦へ
にほんブログ村