カエルさん。ぱちぱち日記

おいしく活かす知恵。なんでもDIY興味アリ

スペイン産にんにく。キッチンからバルへトリップ?

さいきんスーパーでよく見かける

国産よりぐっとお手頃で

 

かつ中国産よりは

 

粒が大きいような印象。

 

 

ムラサキの薄皮を向くと

 

普通に白くで

 

匂いもそんなにきつくない。

 

 

うちは

 

フライパンでオリーブオイルと

 

炒めてよく使ってるから

 

 

加熱調理に向くといわれている

 

スペイン産 紫にんにく

 

けっこうお気に入りです。

 

 

行ったことないけどバルは好き

スペインを旅したことある知人によると

 

朝バルで食べる

 

チュロスとか

 

フレッシュオレンジジューズとか

 

めっちゃうまかったって。

 

 

あーん。

 

いいなぁ~

 

私のすきな沖縄と

 

なんとなく人の

 

あったかい感じとか

 

ちょっと似てるとこもあるんだって。

 

 

 

そんなスペイン。

 

 

スペイン産にんにくが育つ

 

土壌は

 

温かくて乾いた土地なんだって。

 

 

ひまわり畑や

 

オリーブ畑、

 

そんな中でふんだんに育ってる

 

にんにくも。

 

 

 

沖縄は海が近くて

 

湿気が多いから

 

スペイン土壌は違うかも。

 

 

いづれにしても

 

長い休みがあるときには

 

旅もしたくなる季節。

 

 

なんか頭ボーって

 

したい。(← 旅にでなくてもしてる気も、笑)

 

 

☆ ☆ ☆ ☆

 

さて、ここで登場するのが

 

農夫イシドロ。

 

 

日本でよく売られている

 

スペイン産にんにくが育つ土地に

 

まつわる小話。

 

 

働きもののイシドロ農夫は

 

純粋な心をもち

 

信仰も深かったそうなの。

 

 

そんな農夫さんは、

 

水のある場所を見つける

 

才能を持っていたんだって。

 

 

乾いた土地だけに、

 

水ってとっても

 

貴重だったと思うのね。

 

 

だから、当時は

 

すごかったのかな。

 

けれど、

 

どうして見つけることが

 

できたんだろうね。

 

 

そんなイシドロ農夫さん

 

にまつわる

 

お祭りが

 

スペインでは

 

毎年5月にあるみたい。

 

 

この祭りでは、

 

おバカさんとか、逆にお利口さんとか

 

そんな違う種類の名前を持った

 

ドーナツのお菓子を食べたり、

 

レモネードを飲んだりするんだって。

 

 

へぇ~

 

各地のお祭りや食べ物の

 

文化って

 

日本と違いがあるから

 

面白そうダ。

 

 

とくにいいな~と思ったのは

 

天候に恵まれた場合は

 

その農地で

 

ロスキージャスという

 

そのドーナツ菓子を食べたり

 

ワインやりんごも入ってる

 

マドリードのレモネードを飲んだり

 

するんだって。

 

 

ちょっと

 

もしかしたら、

 

自然の神様に対しての

 

お供えみたいな

 

気分なのかもしれないね。

 

 

食いしん坊だから

 

なんでも

 

食べてみたい気分になります。

 

エジプト時代からの神聖な食べ物とは?

f:id:animisum:20170716154730j:plain  

これは16番のタロットカードなんだけれど

 

ニンニクくんがいるね!

 

 

神話やタロットカードなんかの

 

モチーフにもなるくらいだから

 

ニンニクの歴史って古いんだろうね。

 

 

さて。

 

今日も

 

キッチンやスーパーで

 

おなじみな

 

ニンニクくん。

 

 

 されどニンニクくん。

 

 

それはエジプト時代まで

 

遡るのです。

 

 

ピラミッドを作ったときに

 

汗水たらして一生懸命

 

働いた人たちに

 

ふるまわれた

 

神聖な食べ物。

 

それも

 

ニンニクくんなのです。

 

  

実は、日本でも

 

最初の書物って言われてる

 

古事記や日本書紀にも

 

ニンニクの話題が出ているんだとか。

 

 

それから源氏物語でも

 

風邪のときにニンニクを

 

食べたよって記述があるとか。

 

 

今日の日本では、

 

中華料理はもちろん、

 

さいきん流行りのバルなどの

 

スペイン料理、

 

それからイタリア料理や

 

フランス料理。

 

 

どうやら

 

ニンニクって

 

ワールドな香味野菜なんだね。

 

いろんな国の人に

 

愛されてるし、

 

古くから

 

長ーーーーーく

 

愛されているということは、

 

体にもいいのかな?

 

と思って調べてみたの。

 

 

そうしたら

 

やっぱり

 

いいみたいだね。

 

 

アリシン成分ってのが

 

ポイントだね。

 

 

このニンニクに含まれてる

 

アリシン成分は

 

特に、油で加熱して

 

ビタミンB1と一緒に取ると

 

疲労回復になるんだって。

 

 

夏バテで栄養ドリンクとかも

 

いいけど、

 

食材からとれたら

 

一番いいな~と思う。

 

 

ビタミンB1

 

多く含まれているのは

 

豚肉とか緑黄色野菜だから、

 

 

今いっぱい畑でとれてる

 

ピーマンとか

 

ばっちりね。

 

 

ニンニクは、

 

刻む・潰す・すりおろす

 

のどれかで調理すると

 

より吸収しやすく

 

なるからGOOD!

 

食欲増進にもいいみたい。

 

 それから

 

ニンニクは

 

抗菌力や殺菌力も

 

高いから

 

クーラーによる

 

夏風邪の予防にも

 

いいかも。

 

あ、けどお弁当とか入れにくよね

 

たしかにニンニクって

 

匂いがちょっと・・・

 

 

だから

 

うちはわりとディナーで

 

食べることが多い気がしてる。

 

 

そんなときでも

 

たんぱく質を含むものを

 

一緒に食べると

 

匂いがしにくいんだって。

 

 

たとえば、

 

チーズとかね。

 

それからポリフェノール成分の

 

あるものと食べると

 

 

ポリフェノールが

 

匂いを分解してくれるんだとか。

 

 

あ、じゃぁ

 

ワインもいいんだろうね。

 

 

それから飲み物なら

 

牛乳はもちろん

 

匂い消しOK。(← 食べる前に飲むと尚)

 

緑茶に含まれる

 

タンニンもいい。

 

 

そのほか、

 

おなじみの

 

・コーヒー

・烏龍茶

・マテ茶(← スペイン語でも南米圏ね)

 

なども

 

匂い消しにもよいんだって。

 

レストランでこんなのみたことある

 

 これはスペインで使ってる

 

ニンニクをいれておく壺。

 

 

かわいいデザイン。

 

前にいったスペイン料理店で

 

みたことあるな。こんなの。

 

 

日本で暮らしているスペイン人や

 

イタリア人、フランス人など

 

故郷の味にこだわる人たちにも

 

 

日本で買えるスペインにんにくは

 

とっても喜ばれているみたい。

 

お題「思い出の味」

 

 

はるかその土地まで

 

旅ができなくても

 

小さなキッチンから

 

味覚から

 

香りから

 

プチニンニクの旅が 

 

できそうな夜です。

 

 

主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

皮むきラクしたいときのためにこういうのも

 

香味野菜で

食欲増進!

夏バテ予防!


人気ブログランキング