カエルさん。ぱちぱち日記

おいしく活かす知恵。なんでもDIY興味アリ

小さな戦いに勝つためにはどんな土がいいの?

VSヨウトウムシ!

ただ見守っている

 

だけじゃなく

 

できるサポートは

 

工夫したい。

 

 がんばってチンゲンサイ!

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

(これは筆者が大ファンの)

(カエルのコポーちゃんたち)

 

今年は

 

アブラムシより

 

ヨウトウムシに

 

やや負け気味な

 

プチガーデンですが・・・ 

 

【土の努力】←地味に

 

を工夫して

 

もうすこし

 

虫がこないように

 

できないものか?

 

 

そう思って

 

調べてみました。

 

 

=すると、4項目見つかったよ=

 

1,【化学肥料】入れすぎ注意

2,微生物【ぼかし肥】がいい

3,【緑肥】って何?

4,【循環】がポイント!

 

1つづつ考えてみたいと

思います。

 

まだまだ

現時点の

 

少ない経験と

妄想からの

 

今書いてみたい範囲の

つれづれなる雑記と

なりますので

 

どうかご容赦してケロ

 

って、

カエルさん、

 

もしかして東北訛りなの?

 

1,【化学肥料】入れすぎ注意

(これは入れているようで入れていない!)

 

なんとなく、

 

そうだろうねぇ~と

 

ゆるい構えのカエルさん。

 

 

ちょっと調べてみたくらいじゃ

 

まだわからないです。

 

 

ただわかったことは、

 

【化学肥料】は早く効く。

【有機肥料】はゆっくり効く。

 

ってコト。

 

だから、超単純に考えると

 

早く効かせたいから

【化学肥料】をいっぱい

いれてしまうってことは

 

あるのかもしれないね。

 

 

そういえば、

【苦土石灰】は強すぎる?と

聞いたことがあるよ。

 

苦土石灰は、

たいだい土作りの

1週間くらい前に混ぜてねって

よく聞く。

 

1週間で

土に効いてくるのだとしたら

それって早いのかな?

 

というか、

そもそも【苦土石灰】って

化学肥料なのかな?

 

超初心者すぎて

ごめんなさい。

 

【普通の石灰】でもOKよと。

(o ̄∇ ̄)o!

とも。

 

 謎は深まるばかり・・・。

 

それから、

ハーブとか、

葉物野菜とか

 

この時期多くて

 

それなら追肥とかでも

チッソ系を多くすれば

いいんじゃない?

 

って単純発想なのだけれど、

植物の葉の色が濃すぎなのは、

チッソ過多なのでNG

なんだって!

 

ぎょぎょぎょ!

(_△_;

 

まだまだわからなすぎる

【化学肥料】の世界。

 

【有機肥料】的に

ゆっくりペースだけど

 

学ぶことを

体験をもって

 

続けていきたいと

思っているよ。

 

 

2,微生物の 【ぼかし肥】がいいらしい

 生ゴミ発酵器 EM

 

ちょっぴり語れるのは

むしろここからかもしれない。

 

うちはここ数年

 

生ゴミコンポストを

 

やっているのね。

 

 

(うちが使ってるのはコレね。)

 

 

生ごみ処理機 自然にカエルS

 

 

キッチンで出た

 

野菜のヘタの部分とかを

 

包丁でちょっと細かくして

 

それから【ボカシ肥】と混ぜてる。

 

 

そうすると、

 

フシギなことに

 

数日で消えてる!

 

 

ボカシ肥の中に

野菜の芯が溶けて消えてくの。

 

 

だけれど、

 

これはボカシの中で

生きてるミクロな

微生物たちが

 

生ゴミを分解してくれている

らしいの。

 

当初は、

パナソニックとかの

電動コンポストとも

迷ったけれど、

 

ちょう原始的な

手動コンポストにして

正解だった。

 

キッチンで重宝してるよ。

 

だけれど、

夏場になるとね、

 

さすがにコバエが発生してくる。

 

 

そうするとね、

 

 

まだ【ボカシ肥】の微生物さんたちが

 

生ゴミを分解しきれていないうちに、

 

害虫などに見つかってしまうという

 

現象が起こってしまうのよね。

 

 

たまに、完熟していない堆肥

 

を土に混ぜるとよくないと

 

聞くけれど、

 

それはこういう土のことなのかもしれない。

 

 

土にとっても、

 

休ませたり、

寝かしておく、

 

という期間が

大事なときも

あるのかもしれないね。

 

 

もちろん

一坪家庭菜園

 規模

 

であれば、

 

こういう未完熟な堆肥を

 

早期発見できるとは

思うのだけれどね。

 

 

余談だけど、

微生物の力で

 

家庭の生ゴミ

リサイクルできちゃうの

サイコーよ。

 

 

*夏場はコバエが出るので

屋外に出さなきゃだけどね。

 

 

ちなみに、

人間の胃袋の中にも

 

腸内善玉菌とかがいて

食べたものを

分解してくれている

みたいよね。

 

納豆やキムチ

ヨーグルトとか。

 

そんな

 発酵食品

大好きです!

 

だってお通じサイコー

だからね。

 

(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

 

さいきんは

 

だいこんを

塩こうじ漬けにして

自家製

べったら漬け

してるよ。

 

ポリポリ

しちゃうけど、

お弁当との

相性もよいよ。

 

3,【緑肥】ってなんなの?

よく春先に

菜の花が咲き乱れちゃった

白菜とかが

 

そのまま放置されてて

勝手に悲しくなってた。

 

=もったいない=

 

って。

 

あたしにタダでくれたら

キムチにするでニョン

 

って勝手に

指を加えて

眺めていたけれども。

 

・ ・ ・ ・

 

けどね、

 

今調べてみたら

思ったの。

 

=これって、【縁肥】だったのかしら?=

 

と。

 

 

たとえば今なら

トウモロコシ。

 

(旬よね~)

 

梅雨があけたころには

ヒマワリ。

 

それから春なら

レンゲとかね。

 

昨日じゃがいもさんと

仲良くしていた

マリーゴールドちゃんも

そうね。

 

これらなどの

マメ科やイネ科の

植物なんかは、

 

とくにこの【縁肥】

にするといいらしいの。

 

って、じゃぁ白菜は

アブラナ科じゃないの!

って思ったけど、

 

まだまだ難しいから

今日はこの辺に

しておきます。

 

引き続き

お勉強してきます。

 

ちょいと、

マイペースなもので、

 

どちらかといえば

【有機肥料】的

スピードになると思うけれど♪

 

 

4,【循環】がポイント!

ついこないだの

ハレの日も

 

チャリチャリしながら

 

風にたなびく

可愛いミニ稲穂ちゃんたちを

眺めていたの。

 

チャリンコ道と平行線で

ひたすら続くミニ水路。

 

よくみると、

その水路から

 

小さなフタの

開け閉め1つで

 

田んぼまで水が

届いてる。

 

へー!

 

このフタの

調節で

 

お水を【循環】してるんだね!?

 

なるほど!

 

だけど、

こんな雨の日は

 

ちょっと心配。

 

 

さて。

 

畑でも原理は同じ。

土の中で

お水が【循環】してる。

 

この【循環】が

優れているほうが

 

シッパイせずに実るらしいのね。

 

最近では、

トマトとか

水耕栽培して

上手に

作ってるプロ農家さんを

沢山みかける。

 

それも農業に

【IT導入】してるのね。

 

あーん。

次世代って感じで

かっこいい!

 

なかなか家庭菜園では

そこまでいけないけど、笑

 

 

大事なのは

【よどみ】を作らないって

ことなんじゃないかな。

 

 

【よどみ】があると

そこから病気が発生したり

虫がわいたり

 

してしまう確率が

高そうなのね。

 

プランターでも

畑でも

 

なるべく土の中の

水分が【循環】するような

工夫を心がけることが

ポイントみたい。

 

たとえば、

水はけのよい土の

種類を選ぶとかね。

 

水だけじゃなく

【風通し】もいいほうが

好きって

植物も多いよね。

 

ではでは、

今日はこのへんで。

 

自然にカエルS

 

購入時のタイミングに

ひと工夫が必要なんだけど、

 

市区町村によっては

エコ補助金のサポートを

受けられるから安くできるよ。

 

☆ ☆ ☆ ☆

 どうしてなんだろう?

 

 

あの日に還りたい。

BY ユーミン

心のペット→カエルへ
にほんブログ村

 

 

菖蒲のお花畑に

行きたい気分。


人気ブログランキング